So-net無料ブログ作成
検索選択

胆汁酸ダイエットとは? その方法は? [ニュース]

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link




Sponsored Link



Sponsored Link



胆汁酸ダイエットとは? その方法は?


5月18日の『世界一受けたい授業』に慶應義塾大学の渡辺光博教授が出演します。

そこで胆汁酸ダイエットが紹介されるようです。

▼胆汁酸(たんじゅうさん)とは?

まず、胆汁酸とはいったい何なのか。

私は胆汁酸てダイエットで話題になってから初めてききました。

胆汁酸は、体内コレステロール代謝の最終産物だそうです。

以下、胆汁酸の説明

胆汁酸は、肝臓でコレステロールから生成され、

胆汁(たんじゅう)として胆嚢(たんのう)に蓄えられます。

そして十二指腸に分泌され脂肪の消化を助けます。

コレステロールは、

血管などを形成する細胞膜に柔軟性を与えたり、各種ホルモンの前駆体になるなど、

生体内で重要な役割を担う化合物ですが、

コレステロール血中濃度が過剰に高くなると、心疾患や脳血管疾患を起こす要因になります。

ですから、胆汁酸はコレステロール血中濃度が過剰にならないためにも大切なのです。


ということで、、胆汁酸は脂肪の消化吸収を助ける役割があるということですが、

渡辺教授は、胆汁酸の役割はそれだけでなく、その効果が肥満・糖尿病治療につながる可能性を発見したそうです。

「胆汁酸吸着レジン」という治療薬が胆汁酸の合成を高めるらしいのです。

そして、健康な人でも「もずく」や「こんにゃく」など、食物繊維を多く含む食品を多めに食べれば、

胆汁酸吸着レジンを服用した時と同じような作用があり、メタボリックシンドロームに効果があるそうです。



えーっと

ちょっと難しいですね・・・

でも、胆汁酸について熟知しなくても

胆汁酸ダイエットの方法さえわかればいいですよね。


難しいことは置いといて、

さっそく方法を紹介します。

このダイエットを試そうと思っている方はここからが必見です。


▼胆汁酸ダイエットの方法

胆汁酸ダイエットとは、胆汁酸の代謝を活発にするということです。

胆汁酸は脂肪の消化を助けた後に胆汁酸輸送体によって、肝臓に戻されます。

その胆汁酸が体外に排泄されるように促すと、小腸から肝臓に戻る胆汁酸量が減り、

肝臓でのコレステロールから胆汁酸への変換量が増えて、血中コレステロール濃度が低くなるのです。

そして、胆汁酸の合成が亢進されるとエネルギー代謝も亢進されることがわかってきました。

では、胆汁酸の排泄を促すものは何か?

それは、「食物繊維」です。

野菜や海草類を毎食必ず食べる・・・という、ごく当たり前のことですが、

ひとつだけポイントがあります。

それは「食事の最初に食物繊維から食べる」ことです。

こうすることで、大量の野菜や海草を食べることなく普通の量で効果は倍増です。


Sponsored Link



Sponsored Link



胆汁酸ダイエットの方法をまとめると・・・

胆汁酸ダイエットの方法は、

「食物繊維が多い食品から食べる」

ということですかね。

食事をする際は気をつけたいものです。



Sponsored Link



Sponsored Link






スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。