So-net無料ブログ作成

ベジブロス レシピ 作り方 使い方 [ニュース]

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link




Sponsored Link



Sponsored Link



ベジブロス レシピ 作り方 使い方

はなまるマーケットで紹介され、注目されている『ベジブロス』とは?

ベジブロス.jpeg

そのレシピと作り方と効果、そしてその使い方を紹介します。


ベジブロスとは、野菜を調理する際に捨ててしまっていた〝皮〟や〝根〟などから煮出した野菜の出汁(=ブロス)のことなんです。
人気料理研究家のタカコ・ナカムラさんがその魅力や活用法をまとめた著書『野菜の栄養100%いただきます! ベジブロスをはじめよう。』(角川マガジンズ)を上梓するなど、ベジブロスは今、野菜の栄養を丸ごと効率的にとれて体に良い方法として今注目されています。


野菜の皮や根には、普段食べている部分よりも多くの〝フィトケミカル〟や〝ミネラル〟などの栄養素が含まれています。
フィトケミカルとは、ポリフェノール、イソフラボン、リコピンなど健康に良い影響を期待できる物質の総称です。


ベジブロスには、老化防止(アンチエイジング)や、美肌効果、免疫アップまで、さまざまな効果が期待されており、今、最も注目されている健康法です。


そんな健康効果が期待できるベジブロスの作り方は至って簡単。
鍋に1リットルほど水を張り、普段は捨ててしまっている野菜の切れ端を100g程度入れて、弱火で30分程コトコト煮て、それをザルやこし機でこすだけなんです。


Sponsored Link



Sponsored Link



入れた野菜によって味が変わるため、毎回違った味を楽しめるのもおもしろいですね〜。
出来上がったベジブロスは、製氷機などに入れて保存しておくと、使うときに便利です。


そのベジブロスの使い方ですが、野菜スープに入れるなどのオーソドックスな選択から、様々な料理に隠し味として使えそうです。


このベジブロスに対して、少し疑問があります。それは農薬の問題です。
無添加、無農薬栽培された野菜を使うのであれば問題ないと思いますが、農薬などの人体への影響を考えると恐ろしいところです。
農薬は沸騰させれば消えるという情報がありますが、出所がわからず信用できないですよね。
健康に気を使ってベジブロスをはじめるのであれば、無添加、無農薬栽培された野菜を選びたいものです。


Sponsored Link



Sponsored Link






スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。